人類の最高の夢、若返りを本気で叶えるために

人類の最高の夢、若返りを本気で叶えるために

若くあることは女性だけでなく、男性も望むこと、人類の最高の夢かもしれません。

 

人類の最高の夢、若返りを本気で叶えるための方法を模索していきます。

 

若さを保つ方法の一つに、美しいものをめでる、という方法があります。美しさを直に認め、心に取り入れる気持ちは、取り入れた美を体に吸収します。そして、内側から美しさと若さを発揮していくのです。
お化粧品の、パッケージ一つでも、美しいコンパクトやロゴマークは、それだけでもっている人にパワーを与えてくれます。

 

 

ゲランの芸術的なコンパクトが発揮する美しさは持つ人の美意識と心を高めますし、シャネルのロゴは結界のシンボルと言われ、持つ人を守り強くします。
季節の花を愛でて、芸術にいそしみ、趣味を極める、という行動の中には若さを保つエッセンスが沢山秘められています。

 

 

ただし、忙しすぎてはいけません。忙しい、という漢字をよく見て見ますと、部首がリッシンベン、つくりが亡くす、ですから、心を亡くす、となっています。どんなに素晴らしいことをしていても、心を亡くしている状態でありましたら、美しさを吸収する事は出来ませんから、忙しすぎる事のないように、常に、美しさを吸収し、そして美しさを貯めて発揮できる心の状態を保つことが大切です。

 

 

人生には、辛い時期もあります。しかし、辛い時期を乗り越えましたら、また、良い時期も訪れますから、じっと耐えて待つ、と言う方法も辛い時期をやり過ごすには必要な対応の一つです。
そして、良い時期がきましたら、美術館や、美しい街並みを求めて旅行に出かけましょう。
また、年を重ねるごとに、服装を明るい色合いに保っていく事もおすすめの一つです。

 

 

黒は、集中力を強める効果がありますが、年を重ねますと、黒色だけでは若々しさを保つことは難しくなります。
カラフルな色の力から、若さを吸収することが求められるのです。
すなわち、若返りの方法は、服装の色一つにも秘められています。

 

 

季節感のある一色を添えてみよう、という心の余裕は、若さを保つ秘訣でもあるのです。

 

 

肌をきれいなまま保つためには、様々な方法があります。

 

まず、紫外線に気を付けること。特にこれからの時期は紫外線が強くなります。紫外線は例え曇りの日であっても、家の中にいたとしても容赦なく降り注いできます。そのため、本来ならば家の中にいても日焼け止めを塗ることは大切なのです。但し同時に日焼け止めを塗ることは肌にも負担をかけますので、個人的には一長一短と思っています。家の中にいる時は別に必ずしも日焼け止めを塗らなければならないものとも思っていませんが、出かける時は必ず日焼け止めを塗りましょう。

 

そして、化粧や日焼け止めはしっかり落とします。時々「洗顔料で落とせる」化粧品や日焼け止めもありますが、しっかりクレンジングで落としましょう。二度洗顔は当たり前!忙しすぎて仕事から帰って顔も洗わずに寝てしまうなんてもっての外です。

 

洗顔をする時は、洗顔料をしっかり泡立てましょう。洗顔料を泡立てる際、ベビーオイルを1、2滴垂らすだけで泡がさらにきめ細かくなり、肌がつっぱらなくなります。作った泡を顔に置き、指が直接肌に触れることがないよう、泡でマッサージをします。また、洗顔料が顔に乗っている時間はせめて30秒程度に留めましょう。仮にも洗剤ですので、これを肌の上に乗せたまま数分、なんてよろしくありません。

 

化粧水はできる限り1本、2本に抑えましょう。あまり顔に塗りすぎると、その分指が顔に触れる回数が多くなるということですので良くないです。肌に触れる回数は少ないほど良いですので、できればオールインワンの化粧水がおススメです。また、特に乾燥が気になる場合は寝る前にベビーオイルを塗ると良いでしょう。夜は意外と肌が乾燥しますので、ベビーオイルを塗るとそれを防ぐことができます。

 

また、必要のない日は化粧はやめましょう。化粧は肌に負担をかけます。誰にも会う予定がないなど、特に必要がないならば、化粧をしない勇気も綺麗な肌を保つためには大切です。